なぜ辛いの?切ない片思い

トップページ > なぜ辛いの?切ない片思い

恋愛は楽しいだけじゃない…辛い恋の処方箋

「恋する=素晴らしい」と世間一般ではそう思われていますが、「素晴らしい=楽しい」ではないのです。もちろん恋愛には楽しいこともたくさんありますが、それと同じくらいの辛い思いもあるのではないでしょうか。
特に片思いは相手の気持ちが分からないので、自分の気持ちが相手に届くのか不安になったり、相手が別の女性と仲良くしているところを見ただけで胸が締め付けられたりと、こんなに苦しいなら好きにならなければよかったと枕を濡らす夜もあったはず。

片思いに疲れてしまって心が下がり気味になってしまうとそのまま負のスパイラルに陥ってしまいがちです。
そんな時はまず、心をゆっくりとお休みさせてあげましょう。手強い片思いと戦うのは恋の疲れを癒してからです。「相手が振り向いてくれない」とか「関係が進展しない」とかの悩みはどこか遠くに放り投げましょう!

恋愛の息抜きには思い切りが必要!?

片思いをしていると頭の中の八割くらいが彼だけで占められてしまって他のことが考えられなくなりがちです。そんな状態ではゆっくりリラックスもできません。
なので、頭の中から好きな人を追い出して自分の好きなことを思いっきり楽しんでしまいましょう!片思いをしている自分を、少しだけ忘れるのです。

友達と出かけてもいいですし、欲しかった洋服を買うのもいいでしょう。いつもは太りそうでなかなか食べれないスイーツもこんな時は思いっきり食べてOKです!カロリーなんて気にせずに好きな物を食べましょう。ペットを飼っている人はペットと触れ合ったりお散歩に行ったりするのも気分転換になるのでオススメです!
相手に片思いをして、恋に一筋に頑張るのも素敵ですが、それだけでは辛い気持ちが溜まってしまいますしいつかは「もう恋なんてしない!」と爆発してしまいます。たまには適度な息抜きをして本来の自分を取り戻しましょう。

あなたがどんな風に幸せになりたいのか再確認してみる

片思いをしている時間が長くなると目的が「幸せになること」から「彼と付き合うこと」へと変わってしまうケースがあります。
彼一筋なのは良いですが、相手を思うあまり視野が狭くなってしまうのは良いことではありません。相手とあなたのことを思い返して冷静になりましょう。

・彼の結婚願望
・彼のライフプラン
・彼の金銭感覚
・彼の交友関係
・彼の休日の過ごし方…etc

辛い片思いを経て夢中になっていたあまり相手の欠点を見て見ぬふりをしてしまっているかもしれません。付き合えたのはいいが、いざ付き合ってみると「思ってたのと違う…」そうならないためにももう一度あなたの幸せと相手について考えてみましょう。
自分を客観的に見るために友達の意見を聞いてみるのいいかもしれません。今まで気づかなかった情報が転がり込んでくるかもしれませんよ。