脈なしなLINEの特徴

こんな返事は脈なし!?男性がよく使うお断りサイン

男性からの脈ありメッセージに続いて、お次は脈なしメッセージをご紹介していきます。脈なしの場合は距離を取るか、攻め方を変えるか、諦めるか…いずれにしても判断は早いほうがいいでしょう。

1.既読スルー、未読スルーが多い――
相手の都合にもよりますが、LINEやメールを送った時の返信率や速度で脈ありかを予想することができます。あなたからのメッセージへの返信が早ければ脈あり、逆に既読・未読スルーが多ければあなたに興味をもっていない可能性が高いです。

2.返信が簡潔で短すぎる――
男性同士では「了解」「わかった」というように短い文章でのやり取りが多いのですが、あなたにもこんな返事しか送ってこないようであれば、残念ですが異性として見られていない可能性が高いです…

3.理由をつけて後回しにされる――
あなたとのやり取りを「忙しいから後でな」「友達と会うからまた今度」というように後回しにされていないですか?これは「直接断るのは気が引けるのでやんわりお断りしておこう」と男性が思っているパターンです。好きな女性が相手であれば男友達よりも優先するのが男という生き物です。

これはすごい!LINEで未読スルーされにくくなる裏ワザ

せっかく内容を考えてメッセージを送ったのに返信がなければガッカリですよね。既読がついたのならまだしも、未読スルーなんてされた日には…一日中スマホとにらめっこしてしまいそうです。このページではそんな未読スルーをされにくくするテクニックをご紹介します!確実にスルーされなくなるわけではありませんが、既読率は大幅に上がることでしょう!

・LINEの通知機能を利用して既読にさせる――
LINEには通知機能があり、新規メッセージが届くと20文字の通知文が表示されます「この前言ってたお笑い芸人の話だけどさ、あ…」という具合に20文字を超える部分は”…”になり表示されません。この機能を利用して20文字の部分で相手に興味を抱かせ既読にさせてしまおうというテクニックです。

たとえば、「来週の会議のことなんだけどさ、会議資料っ…」というLINEが送られてきたら、内容を確認せずにはいられませんよね。このように相手が興味のあること、思わずチェックしてしまう話題を20文字中に盛り込んでしまえば未読スルーの確率は大きく減るのです。